DESIGN > column

壁面を楽しむ

壁画:アクリル系塗料ドローイング

塗装・左官・紙・布・・・壁面を楽しむ要素は色々あるけれど…。


日本家屋の梁と柱で構成される住居のカタチは開口部を大きくとることができるという利点があります。 組積造の国からやってきた人は日本の開口部(窓)の形状に驚くとか驚かないとか…。 その開口部に襖を使ってお昼間は居間であったところが夜には寝室になったり日本独特の住まい方がされてきました。 庭に向いた大開口なんかはよくよく考えてみると大胆だなと思ったりします。 そこに光は柔らかく通して視界は遮る障子をはめ込むとは…当たり前の光景ですが美しい上に理に適っています。 逆に雪見障子が考案された理由もうなづけるし 何しろよくできた建具だなと改めて思います。

壁画:アクリル系塗料ドローイング

開口が大きくとれる反面 日本で壁面というのはどのようなポジションにあったのでしょうか。 和洋折衷・南面礼賛。 日本の住まいは紆余曲折を経てなんだか中途半端なポジションのままになっているパーツが所々にあるように思います。 

  ジュエリーショーケース


壁もそのひとつ。 壁と開口部の関係。 見直してみると壁ってもっと有効利用ができそうです。窓と箪笥で覆われてしまうなんてもったいない! ついつい床の面積ばかりに目がいってしまいますけれど実は壁ってかなりの平米数があるんですよね。 これを使わない手はない!